【危険!!】子供の睡眠不足が引き起こす学力低下と肥満!重度の病気を引き起こす事もある!?

質の良い栄養バランスを摂る事と同じくらいにとても大切とされているのが

『質の良い睡眠』(すっきりとした目覚め感)をとることです。

今、日本の子供たちにとってとても大きな問題として取り上げられているのが睡眠不足です。

現代社会の子供たちの生活スタイルがテレビ・パソコン・スマートフォン・ゲーム・宿題・習い事・塾と夜型化としてきているため、就寝時間が22時以降という子供たちがとても増えてきているのが現状です。

そんな睡眠不足の子供たちに影響をもたらすとされているのが、学力の低下や肥満による重度の病気などを引き起こしてしまうということです。

睡眠不足と学力の低下や肥満とは、いったいどんな繋がりがあるのか調べてみました。

 

 

子供の睡眠不足

子供たちの睡眠不足が習慣化され毎日続いてしまうと、発育や健康が維持できなくなります。

集中力や注意力を低下させてしまう他に、眠気を上手に認識する事ができず気持ちが不安定になりイライラしたり不安感を感じたり気持ちが鬱っぽくなったりと感情をコントロールする事ができなくなってしまうことがあります。

『質の良い睡眠』を確保する為には、乱れた生活リズムを整えることが最も大事になります。

親がどこかでリセットしてあげないとそのままズルズルと十分な睡眠を得られず子供の睡眠不足が続いてしまい様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

 

子供の成長期をサポートする
スムージーが注目!!

 

睡眠不足と学力低下の関係

成長期の子供たちの望ましいとされる睡眠時間は9時間~11時間未満です。

就寝時刻が20時~21時の子供たちの成績は最も高いという調査結果も出されています。

睡眠は成長ホルモンの分泌後に、脳がその日一日で得た情報をそれぞれの引き出しにきちんと整理し記憶として定着させてくれる働きがあります。

ですから十分に『質の良い睡眠』をとっている子供の方が学校で得た学習内容などを忘れにくく、また新たな情報も覚えやすくなるのです。

睡眠不足の子供は、脳で『整理し記憶として定着させてくれる働き』が十分に行われていないことになりますので、結果学力低下に繋がってしまいます。

 

 

睡眠不足と肥満の関係

睡眠不足が肥満に影響しているということは様々な研究で結果が出ています。

主に肥満を招くとされる原因として成長ホルモンと自律神経が深く関わっているとされています。

睡眠時に分泌される成長ホルモンは「脂肪の分解作用」に深く関わっている為に、睡眠不足が続いてしまうと肥満になりやすいとされています。

 

睡眠不足と病気の関係

通常睡眠中は副交感神経が活発に働くのですが、睡眠不足になってしまうと交感神経の方が強く働いてしまいます。

その為、血圧・心拍が上昇しやすくなってしまい、インスリンが正常な働きをしなくなる為血糖値が上がりやすくなってしまいます。

結果、子供の睡眠不足は高血圧症や糖尿病・脂質異常症など重度の生活習慣病を引き起こしやすくなり、肥満にもつながってしまうのです。

近年、子供の肥満が増加するとともに肥満が原因とさる睡眠時無呼吸症候群の子供が多くみられるようになってきています。

これらの睡眠不足が原因とされる病気を引き起こした場合には、食事や生活習慣などをもう一度しっかり見直し、専門医による減量指導を受ける必要がでてきます。

 

まとめ

睡眠が十分に足りていない子供には「学力低下」「肥満」「重度の病気」と重大な問題を引き起こしてしまいます。

『質の良い栄養バランス』をとることも『質の良い睡眠』をとることも育ち盛りにの子供たちには欠かせない大切なものです。

今現在、お子さんの学力低下や肥満でお悩みの方は、問題が重症化する前にもう一度生活環境を見直し、生活リズムを整えてみるのも良いでしょう。

 

質の良い睡眠を取る為に!

仕事や家事を抱え
毎日忙しいお母さんに!
朗報です!!

子供がごくごく美味しく飲めるココア味のスムージーが今話題を呼んでいます。

成長期の子供たちに、優れた最適の栄養バランスはもちろん!!

『質の良い睡眠』をサポートしてくれる、古来より休息草として愛用されてきた「クワンソウ」も配合!!

[もっと詳しく見てみる]


毎月先着340名様限定の、のびのびモニターコースでお申し込みするとお得に購入が出来ます!!

 

さらに安心してお試しできる15日間の安心返金保障付き!!

[公式サイトで詳しく見てみる]