『眠れない!寝つきが悪い!』眠れない原因と眠る方法!

『眠れない!寝つきが悪い!』で悩んでいる方は多いと思います。

寝たいのに眠れない・・・・
中々寝付けない・・・・
寝てもすぐに目が覚めてしまう・・・

何故、中々眠る事が出来なかったり、寝つきが悪かったり、寝てもすぐに目が覚めてしまうのか??

眠れない様々な原因と眠る方法、そして眠れない事で身体に生じる様々なトラブルを調べてみました。

【初回980円】ネムリスで夜ぐっすり、目覚めスッキリ!!

眠れない/目が覚めてしまう原因

眠れなかったり、眠りについてもすぐに目が覚めてしまう原因は人によってそれぞれ異なるので以下に心当たりがある方は重大な問題に発展する前に適切な対処をしてください。

病気

風邪を引いて咳や鼻炎など、熱、関節痛などが原因で眠りの妨げになっている場合があります。この場合は風邪の症状が良くなればきちんと眠れるようになります。

 

身体の不調でお薬を飲んでいる方は、薬が原因で眠りを妨げている場合があります。逆に薬によっては眠気を誘うものもあります。

 

ストレス

仕事でのストレスだったり、対人関係、その他悩みがあり緊張状態にある事で眠りの妨げになります。
眠れなくなる事でまたストレスが蓄積し悪循環となります。
ストレスの原因となっている事を把握して早めの対処をする事が大事です

 

うつ状態

精神的な問題がありそれが続くことでうつ状態になる事で眠りを妨げます

 

カフェイン

眠りの妨げになるカフェインを摂取する事で中々寝付けない事があるので出来る限り摂取は控えましょう。

▼カフェインが入っている飲み物コーヒー
緑茶・紅茶
ペプシコーラ
コカ・コーラ
ドリンク

身体に生じるトラブル

『眠る』と言う事は人にとっては絶対に欠かせない事です。

眠る事で身体の疲れを取ったり、肉体を休ませる為にも眠る行為はとても重要な事です。

眠れなかったり、眠りが浅くすぐに起きてしまう事が続く事で身体にも影響を及ぼし、後々重大な病気になってしまう事もあります。

最悪『死』を及ぼす危険性もあります。

眠れなかったり、眠りが浅いと身体にどんな影響を及ぼすのでしょうか??

 

思考能力の低下

思考能力が低下する事で、頭がぼんやりしたり、適切な判断が出来なくなったりするので車の運転をする場合は事故の原因となってしまいます。

 

睡眠不足症候群

長い間不眠が続くと睡眠障害が起き「睡眠不足症候群」になります。気付かないうちに「睡眠不足症候群」になっている方も多く、長い間眠れない期間が続いたり、すぐに起きてしまったりする方は一度医療機関で受診をしてみてください。

 

「睡眠不足症候群」になると、無気力、意欲低下、倦怠感(けんたいかん)、攻撃的になったりします。

最悪うつ状態になります。

 

身体能力の低下

睡眠不足が続くと身体能力も低下し、十分な身体の動きを発揮出来ない場合もあります。
スポーツをしている方にとっては眠る行為は非常に重要で、睡眠不足が原因で骨折や肉離れなどを起こす原因にもなります。

 

寿命が縮む

眠れない、寝ない、眠りが浅い状態が続くと寿命が短くなってしまいます。

肥満、高血圧、糖尿病、生活習慣、これらの病気にかかるリスクが非常に高くなり寿命を縮めてしまう結果になります。
最悪治らない病気もあり、糖尿病を発症すると治らないどころか次々と様々な病気になり合併症を引き起こす事もあります。

眠る行為と言うのはとても大事で、眠れない、寝付けない、という事はとても「恐ろしい病気に発展する恐れがある」という事を理解してください。

眠る為の対策方法

眠る為の対策法として様々な方法があります。

心をリラックスさせる事

心をリラックスさせる事で身体の緊張がゆるみ眠気を誘います。
楽しい事を思い浮かべたり、リラックスできる音楽を流したり、アロマを使うのもリラックスさせる為に良いです

 

身体のリズムを整える

人は明るい時は起きてて、暗くなると眠るというリズムがあります。
このリズムが崩れていると眠りの妨げになっている要因ですので日中は明るい所にいて、夜は電気を暗くすると良いです。

 

寝具を変える

自分に合った寝具に変える事で眠りにつける場合があります。
自分に合っていない寝具を使うと身体の調子も悪くなり寝付けない事もあるので寝具はとても重要と言えます。

 

体温を上げる

体温を上昇させる事で眠気を誘う事が出来ます。

※手足は出来る限り温めてはいけない!
手足は熱を放出する部分です。手足の熱を放出する事で身体内部の体温を上げる役割をしています。
手足から熱が放出されないと身体内部が温まらないので眠りにつけなくなってしまいます。

冷え性の方は熱の放出がうまくできないので、特に不眠になりやすく自律神経の乱れから血行も悪くなり更に眠れないの悪循環を引き起こします。
出来るだけ体温(身体内部)を上げてあげる事が重要です。

電気毛布などをうまく活用して体温を上げるようにしてください。

 

入浴をする

38℃~40℃前後のお湯にゆっくり浸かる事で心身がリラックスして眠りにつくことが出来ます。
逆に42℃以上の熱いお湯につかると逆効果で緊張状態になるので眠りにつきにくくなります。
リラックスする為に、体温を上げる為にも入浴は大事です。

 

医療機関の受診

眠れない・寝付けない・すぐに起きてしまう事が長い間続く方は一度医療機関を受診してください。

出来れば睡眠障害の専門医に見て頂く事がベストですが、まだまだ数が少ないので大きい病院に行き精神科もしくは精神神経科、又は心療内科を受診するのが良いと思います。
睡眠薬を処方してもらう事も出来ます。

 

サプリメント

サプリメントを摂取する事でストレスを緩和、心身をリラックスさせる効果があると言われています。

中々眠れなかったり、寝つきが悪かったり、寝ても何度も起きてしまい不眠症気味の方はサプリメントを試してみるのも良いです。

このサプリはメディアでも注目を浴びている人気サプリです。

おススメサプリはこちら


多数のメディアでも注目!

【初回980円】ネムリス


体験者の実感の声


筑波大学裏出教授監修


毎月先着100名様限定!

毎月100名様限定で通常価格7,000円
86%OFFの980円で購入する事が可能です!


ご購入はこちらから